アカシック・マジシャン レビュー・評価

リンク・効果モンスター

リンク2/闇属性/魔法使い族/攻1700

【リンクマーカー:上/下】トークン以外の同じ種族のモンスター2体

自分は「アカシック・マジシャン」を1ターンに1度しかリンク召喚できない。

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。このカードのリンク先のモンスターを全て持ち主の手札に戻す。

(2):1ターンに1度、カード名を1つ宣言して発動できる。このカードの相互リンク先のモンスターのリンクマーカーの合計分だけ自分のデッキの上からカードをめくり、その中に宣言したカードがあった場合、そのカードを手札に加える。それ以外のめくったカードは全て墓地へ送る。

アカシック・マジシャン レビュー・評価

9

ステータス

9/10

    効果

    9/10

      シナジー

      9/10

        使いやすさ

        9/10

          レビュー

          1. きょいち より:

            ステータス

            9

            効果

            9

            シナジー

            9

            使いやすさ

            9

            同じ種族2体という制限付きのリンクモンスターとしては比較的緩い条件を持ったモンスター。
            LINK3のVランヒドラがトークンを得られる利点があることに対して、こちらは素材2体という緩さで上リンクマーカーのモンスターを実質カウンターできる能力を持つ点が強力。

            リンクマーカーが上・下故に相手モンスターのバウンスは1体しか望めないが、大型リンクのカウンターになり、かつバウンスを用いたコンボの起点になることはかなり評価できる。加えて下マーカーは相互リンクを行いやすい為、リンクテーマでは重要な要素にもなり得る。上記3つを全て満たすことは厳しく、実質この内の1つを選ぶことになる状況が多いと思われるが、言い換えればそれだけ活躍できる状況が多いということである。壊獣とのシナジーも良好。

            ②の効果は何らかの形でコンボをしないとドローは望めないが、当てずっぽうで確認してもワンチャン、外れても墓地肥やしになるのでほぼデメリットがない。現状、仮想上の墓地肥やし最大可能枚数は8。相手がわざわざこのモンスターのリンク先に大型リンクを残すことは考えづらいので4。4枚の墓地肥やしと思えばこれも大きい。気になるのは①の効果の性能上このカードを先に出さなければならないところ程度。

            種族も優秀であり、総じて損のないモンスター。今後の活躍をかなり期待できるのでゲットしておきいところ。あとkawaii.